リハビリのご案内

これらの部門では、専門の療法士(セラピスト)が、患者様一人ひとりの身体状況・ニーズに合わせたリハビリメニューを実施します。
私たちが提供するリハビリの最終的な目的は、その人がその人らしく快適に日常生活を過ごせるようにお手伝いすることです。

〈 PT 『理学療法』 〉

理学療法とは・・・?

病気やケガ、あるいは寝たきりなどで身体が不自由になった方々に対し、身体と心の両面から機能回復・維持を図る医療の1つです。

当院での理学療法は・・・?

脳卒中などの病気や加齢により身体が不自由になった患者様に対し、心身の機能回復や生活環境の改善などを行っていきます。
当院では、以下のことなどにより、患者様がより良く生活できるように、患者様と一緒に考えて理学療法を行っています。
物理療法 温熱や電気などを用いて痛みの軽減を図ります。
運動療法 関節運動の維持・筋力増強等を行い、動作能力回復を図ります。
パワーリハビリテーション マシーンを使用し筋力増強・転倒予防などを図ります。
グループ活動 集団で活動を行い、患者様同士のコミュニケーションを図ります。
その他 日常生活における指導や車椅子の適合、装具や杖の相談などを行います。

〈 OT 『作業療法』 〉

作業療法とは・・・?

脳卒中などの病気や、加齢により心身やその生活に不自由をきたしている患者様に対し その人らしい生活を送れるように種々の「作業活動」を用いて、治療・指導及び援助をすることです。
当院では、「作業活動」を用いて以下の内容のリハビリテーションを行っています。
身体運動活動 体操、レクリエーションなど
仕事・学習活動 パソコン操作訓練など
手工芸活動 園芸、陶芸、籐工芸、折り紙、ちぎり絵など
生活活動 整容動作(歯磨き、整髪など)、食事動作(自助具選定・作成含む)など

〈 ST 『言語聴覚療法』 〉

言語聴覚療法とは・・・?

様々な原因で起こる言語障害や聴覚障害、高次脳機能障害などにより、言葉によるコミュニケーションに問題がある患者様に対して訓練を行ない、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるように支援します。
また、食べ物が飲み込みにくい、むせてしまうなどの摂食・嚥下障害の患者様へも安全な摂食方法を指導します。

当院での言語聴覚療法は・・・?

当院では言葉を聞く・話す・読む・書くことが難しくなる失語症、発音が上手に出来ない構音障害、声が上手に出せない音声障害、記憶などが難しくなる高次脳機能障害、食事を上手に摂れない摂食・嚥下障害などの患者様に対し機能の回復を目指し、訓練や助言を行っています。
また、発話意欲の向上や周囲とのコミュニケーション方法の調整を図ることを目的に患者様同士の交流の場を提供しています。